鎌倉台の三つの現場 

GW明け快晴の鎌倉

本日から三つの現場が着工。

朝からスタッフそれぞれの担当現場に。

私は北鎌倉スタジオの対岸の

鎌倉石とピンころ錆石の階段を

拵える現場でレベルの確認。

1705081.jpg

写真 奥のフラットバーのバルコニーの建物が

私たちの事務所の北鎌倉スタジオです。




次に、キッチンリフォームの現場で

養生の確認と解体作業の準備。

0705082.jpg



そして最後に、「純和風の家」

GW中に仕様と色決めをしてスケッチ完成。

ヒノキ材を仕入れて加工を急がなければ。。。

1705084.jpg

三つの現場がすべて鎌倉台なので、

徒歩か自転車でまわることができます。

昨日までのような混雑している状態でも

車を使わずにまわれるので問題ありません。



現場を管理しているからには、

毎日現場に足を運んで

確認しなければならない事があります。

私たちの家づくりは、

決まったものを組み立てる

ハウスメーカーや分譲住宅とは違い

たった一つのものを

お客様と職人さんと私たちで

楽しみながら造るのです。

この空間で過ごして

笑顔で喜んでいただけるように

頑張ってまいります。




↓ みなさんの応援お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ




湘南鎌倉 自然素材の家づくり 設計事務所&工務店

OKUZAWAロゴ_01
 北鎌倉スタジオ「北小路之居」 神奈川県鎌倉市台1728-1
 自然素材モデルハウス「三角の家」 神奈川県鎌倉市玉縄




関連記事
スポンサーサイト

「玉縄の家」の地鎮祭 


本日は、大安吉日。

「玉縄の家」の地鎮祭を執り行いました。

1705031.jpg

地鎮祭式のはじまる前に

お施主様といくつか最終確認。

・建物の配置

・セットバックライン

・窓の位置と大きさ(一番重要なので晴れて良かったです)

・駐車場スペース

などなど、

わかりやすく模型を使っての説明でしたので

予定通りに打合せは終わりました。


1705032.jpg

工事が始まる前に、土地の神様へご挨拶。

これから、安全に注意して作業を行ってまいります。

天候にも恵まれ記念になる一日でした。


玉縄は自宅があり、弊社のオーナー様が

とても多い地域のため、

計画段階の時や準備段階の時から、

ご近所の方には、

OKUZAWAさんところで建てるの?

と、質問をいただいた方が多かったので

ご存知の方が多く、ご近隣の方へのご挨拶も

スムーズに行えました。

1705033.jpg

その後は

GW明けの着工する工事が3件あるので、

この工事の段取りが終わったら直会です。。。

1705034.jpg







↓ みなさんの応援お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ




湘南鎌倉 自然素材の家づくり 設計事務所&工務店

OKUZAWAロゴ_01
 北鎌倉スタジオ「北小路之居」 神奈川県鎌倉市台1728-1
 自然素材モデルハウス「三角の家」 神奈川県鎌倉市玉縄




関連記事

玉縄桜と楢材テーブル 

本日は、朝から北鎌倉スタジオでスタッフと

無垢フローリングのサンプルを入れる

木製BOXのオイル仕上げ

1704201.jpg

ある程度、流れにのったところで

私は別の作業に。



昨年から探し求めていた玉縄桜が

やっと入手できたので

スタジオの入口に植えました。

今年度にかぎりOKUZAWAで家づくりを

していただいた方に玉縄桜を記念樹として

贈呈させていただきます。

1704202.jpg

お昼からは、OKUZAWAオリジナルの

ダイニングテーブルのオイル仕上げ。

天然オイルの3度塗りで仕上げています。



テーブルの高さは一般的なものよりも

低めに設定していますが、

一番落ち着く高さだと思います。



先日、スタジオにお越しいただいたお客様も

テーブルと椅子の高さを図って

この高さが落ち着くと仰っていただきました。

このテーブルは北海道産楢材のため

贈呈品にするかは検討中です。

104203.jpg





↓ みなさんの応援お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ




湘南鎌倉 自然素材の家づくり 設計事務所&工務店

OKUZAWAロゴ_01
 北鎌倉スタジオ「北小路之居」 神奈川県鎌倉市台1728-1
 自然素材モデルハウス「三角の家」 神奈川県鎌倉市玉縄



関連記事

鎌倉支部耐震委員会の打合せ 

本日は、建築士事務所協会鎌倉支部の耐震委員会の会議が市内で行われました。今年度の編成や活動計画、耐震診断の精度向上のための鉄筋探査機や新たな計測器の検討、鎌倉市の耐震診断相談窓口などの受付業務についてなどを打合せしました。

建物の設計において、地震力に対して安全に設計することを「耐震設計」といい、その「耐震設計」をするための基準を「耐震基準」といいます。建築基準法により、それぞれの構法毎(鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造・・・)にその「耐震基準」が示されています。現在の耐震基準は、「新耐震設計基準」と呼ばれているもので、1978年(昭和53年)の宮城県沖地震後耐震設計法が抜本的に見直され、1981年(昭和56年)に大改正されたものです。

この、新耐震設計基準による建物は、阪神大震災においても被害が少なかったとされており、その耐震基準が概ね妥当であると考えられています。 この「新耐震設計基準」が制定された1981年(昭和56年)を境に、「1981年(昭和56年)以前の耐震基準の建物」や「1981年昭和56年以降の新耐震基準による建物」などの表現がされるようになりました。
 
住宅やビルが地震に対してどの程度被害を受けにくいかといった地震に対する強さ、すなわち「耐震性」の度合を調べるのが「耐震診断」であり、阪神・淡路大震災の教訓をもとに1995年(平成7年)12月25日に「建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」が施行されました。この中では現在の新耐震基準を満たさない建築物について積極的に「耐震診断」や改修を進めることとされています。
 
耐震診断と現地調査のながれ
【1】 建物概要・建物仕様情報の調査
【2】 地盤・地形・基礎の調査
【3】 劣化調査
【4】 平面図作成
【5】 診断・診断書作成

ここ最近は、昭和56年以降の建物の耐震診断も増えてきています。事前の対策が身を守ります。ご相談などお気軽にお問い合わせください。

1704181.jpg





↓ みなさんの応援お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ




湘南鎌倉 自然素材の家づくり 設計事務所&工務店

OKUZAWAロゴ_01
 北鎌倉スタジオ「北小路之居」 神奈川県鎌倉市台1728-1
 自然素材モデルハウス「三角の家」 神奈川県鎌倉市玉縄




関連記事

「玉縄の家」の地盤調査 

本日は、玉縄の家の地盤調査。

いつものように数本分の立ち合い、

そして新入社員のはじめての建築現場なので

課外授業も兼ねています。

1704051.jpg

ちょうど、陽が差してきたので

模型で陽ざしのチェック。

この計画地は、周りの山が陽ざしを遮るので

開口部は入念に計画しました。

夜には、植栽計画の打合せ。

念願の玉縄桜を添えることができるか楽しみです。

1704052.jpg




↓ みなさんの応援お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ




湘南鎌倉 自然素材の家づくり 設計事務所&工務店

OKUZAWAロゴ_01
 北鎌倉スタジオ「北小路之居」 神奈川県鎌倉市台1728-1
 自然素材モデルハウス「三角の家」 神奈川県鎌倉市玉縄



関連記事